2013-04

「お願い!シンデレラ」発売記念イベント

ちょっと遡る


まさかの3週間前に告知
まさかの平日イベ
そしてまさかのオープンスペースでのイベントである

進め方は1年前のCHANGE!!!!ハイタッチイベントとほぼ同じでした
ただあの時は日曜、今回は平日ということもあり整理券が瞬殺ということはありませんでしたが
それでも平日とは思えない速さで整理券はハケていきました
ちなみにポスター付属がおねシン購入ではなく1900円以上だったので
「じ、じゃあきらりください」
コード期限切れだよ!!

その後安定の優先席を外し、前回(CHANGE!!!!)と同じく1F向かって右手へ
これから9時間くらいの耐久戦が始まるのか・・・と憂鬱になってました
が、先客にいたのがとかち組の方で、よくよく思い返せば昨年末のとかち組忘年会でご一緒させて頂いた方でした
その後は緑タオルさんとよくご一緒されるアルトさんも来て頂き、孤独感は一気になくなりました

1600頃、噴水広場の垂れ幕が交換され、デカデカと広がる「お願い!シンデレラ」のイラストが
1630頃、出演者の皆様が会場へ。現地でのリハーサル開始
前回よりも入念に行われており、振り付けの先生とディレ1も一緒に出てきて一人ずつしっかりと打ち合わせておりました
リハでは勿論歌ったのですが、
前回ミンゴスに怒られたということ、
打ち合わせとは会議も同然なんだからスムーズに行われる環境を作るべき、
今回の出演者たちが素人も同然ならなお更
ということもありコールしたい気持ちをグッと抑え見守りました
が、そんなこと構いもしない戯けなんて山のようにいるのですが、今回は同じく1Fステージ正面辺りから
「静かにしてろ!!」
という怒鳴り声があがり、ちゃんと反省してくれてる人がいたことに感謝でした


~~~~というわけで前座終了、本番へ~~~~~~~~~~~~
司会の方から挨拶があり、その中によく分からないメッセージが
「あくまで、声援は、フツーので、お願いしますね!!」
普通とは一体・・・(この時点ではCDを聞いておりません)
会場からは苦笑にも近い笑い声が

そしてついに全員登場!
白のフリルたっぷりのワンピースの上に黒のジャケットのおそろい衣装!
そこにみんなの個性を現した小物つき
ついにシンデレラガールズがお揃いの衣装で舞台に立つ日を迎えるとは・・・感無量であります

イベント内容はファミ通さんなどを見てもらうとして
まずは「お願い!シンデレラ」のショートバージョン
その後トークパートへ
さすがに11人はさばくのが難しいためキュート組、クール組、パッション組に分かれてお題に対し答える感じ
質問が無茶苦茶すぎて対応も無茶苦茶、まさにカオス
そしてトーク一番の見所、「ハピ☆ハピバージョン」に触れる司会者
松嵜さん、五十嵐さんの二人に焦点が当たり、誰もが「どうしてああなった・・・と見守る瞬間でした
省エネバージョンがハピ☆ハピになった敬意は松嵜さん、五十嵐さんお二人のブログを参照してください
ただ一つハッキリ言える事は、きらりが松嵜さんでよかった。そして松嵜さんじゃないとできなかったであろう


トークも終わり、最後の曲ということで「お願い!シンデレラ(M@STER VERSION)」へ
2番のサビからCメロの間に前列と後列が入れ替わったりと、しっかりと見ごたえのあるステージでした


~~~~~~~~ハイタッチ~~~~~~~~~~~~~~~
何のために参加したのか
何のために仕事を休んだのか
何のために5時起きをしたのか
全てはこの瞬間のために
松嵜さんにお礼を言うために

この掃き溜めのようなブログを見てくれてる奇特な人ならわかるかもしれないけど
今、自分が笑えるのは松嵜さんのお陰である
そして、松嵜さんから頼まれたこともあり、それをやり遂げたことを報告しなければならない

この日のために法被を作った
松嵜さんのイメージカラーである黄色にヤクルトスワローズをイメージした紺色の糸で
たった三文字「松嵜麗」と書かれた法被を
もうちょっと文字を増やしたかったり、やりたいことはたくさんあったけど

そうこうしてる間にハイタッチの順番に
今回のハイタッチは酷い
向こうから一言もらうか、こっちから一言送るか。そのどっちかしか与えられないくらいの時間制限
会話など成立しない
故に、前回のように属性ごとのハチマキにタッチしてもらうなど夢のまた夢
なのでハイタッチの瞬間はこんな感じでした
自分、松嵜さん「「あ」」
自「オナシャス!」(このとき右手のひらに黄色のハチマキ
そしてタッチ
自「あ、あの!!」
背中を半分くらいみせる
係員がどかす



ちょっと悔いの残る内容だったけど、伝えたいことは全て手紙に綴った
そして帰宅後に聞いたあんきら劇場、ハピ☆ハピバージョンは創造を絶する内容だった


今でもモバマスが否定されていることについては事実だし悲しいことだと思う
でもそれはソーシャルゲームを否定しているのが殆どであってシンデレラガールズを否定している訳じゃない
だから一日でも早く、シンデレラガールズが新しい舞台に立てることを夢見て
スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:矢村めっきー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日記 (69)
アイマス (155)
模型:雑記 (17)
ドリクラ (9)
ドラクエ9 (3)
ポケモン (2)
とかちロール (8)
?? (0)
ゆきホーク (1)
バトルスピリッツ (4)
アイマスモバイル (1)
なつまち (0)
ガンダムビルドファイターズ (12)
ラブライブ! (0)
紗南のTPRG初体験 (7)
ガンダム全般 (0)
アニデレ (25)
アイドルマスター_シンデレラガールズ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード