2014-04

きらきら道中~僕がモバマスPになったワケ~

昔の話をしましょう
アイマスを知ったのはフィギュア売り場で見かけたリボルテック春香でした
最近はこんなものが流行ってるのか、最近のトレンドから置いていかれているのではないか
そんなアホな思い込みからアイドルマスターを調べ、そして知るようになりました

幸運にも兄上からXbox版アイドルマスターを受領し、プレイ
したものの、真、あずささん、律子、美希と転々としましたが誰一人完走できませんでした
その後SPが発売され、パーフェクトサンをプレイし響がお気に入りとなりました
しかしそれもしっくりくるものではありませんでした

Xbox版アイドルマスター2が発売されてからはきちんと完走し、よりにもよって翔太Pとなりました
その後PS3版が発売されてからはひたすら恋をはじめる毎日でした
この頃が翔太P兼小鳥さんのお手伝いの肩書きをつけるようになり、いろんな人と出会う機会の多かった時期でした

そしてシンデレラガールズのサービスが開始した日、11月28日は奇しくも自分の誕生日でもありました
モバイルゲームを快く思わなかった当時は素直に喜べず、周囲の人間がプレイする様子を小耳にはさむ程度でした
ある日、ふたばちゃんねるのアイマススレにて「シンデレラガールズに180cmのアイドルがいる」という情報を見かけました
そう、これが諸星きらりとの出会いでした
おっきい女の子が大好きな自分はその存在に心奪われました
と同時に「スタッフの誤植かなんかだよなぁ」という疑心も持っていました

間もなく招待特典が春香から美希に変わった直後あたり、シンデレラガールズを開始するに至りました
プレイ後ほど無くトレード掲示板にてきらりをお迎えすることができました
が、そのキャラクターと言動に圧倒され、実を言うと若干引いてました・・・
ですがその後のイベントでの報酬にて身長がさらに上乗せされていたため、ああ、身長はマジだったんだなとある意味安堵しました

間もなくシンデレラガールズのCDデビューが発表されました
この頃にはもはや日常の一部としてプレイしていたため、その吉報に歓喜しました
しかしやはりモバマス自体を否定している人も多く、よりにもよって自分と酒を酌み交わしたことのある人間すら「やめろ」とか「アイマスが汚される」とか言い出しやがりました
それを見て私は激昂し、決心しました
『モバマスもアイマスと同じレベルにしてやろう』と。精一杯応援してやろうと。

そしてモバマス第二弾CDが発表、その中には諸星きらりの名前が入っていました
その発表に心から喜びました
そしてこれが松嵜麗さんとの出会いでした
キャスト発表後間もなくツイッターを検索、即フォロー
「3枚予約しました!」と報告したらご丁寧にリプを返してくれて、「あ、丁寧で優しい人だな」というのが第一印象でした
CD第二弾の発売が8月、きらりの誕生日が9月であったため当時本家アイマスキャラでは頻繁に行われていたキャラの誕生会を行いました
参加人数も少なかった小規模の祭りでしたが、みんなからメッセージを集め、プレゼントと一緒に松嵜さんへ贈りました
それが転機でした
まさか松嵜さんご本人が大層喜んで頂き、まさかTLで晒されるとは思いませんでした

その後2012年秋のマチアソビに参加した緑タオルさんから「松嵜さんが年賀状送りたいって言ってた」という報告を受け、それ以来必死に松嵜さんを追いかけるようになりました
MAUSU Diva発売イベントvol.2、フライングクリスマス、MAUSU Divaファイナル、電波CDお渡し会では「今日もありがとう
」と特定されるまで至りました

2013年初春、ジュエルペットのシールで封をされた一通の封筒が届きました
その中にはきらり誕生会に参加してくれた全員分の年賀状が入っていました
自分宛のものには「いつもありがとう」という一文から始まっていました
本当に嬉しかったです。自分をちゃんと見ていてくれていたんだなと、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました

その後もデレラジや各種イベントなどで松嵜さんを追いかけましたが
松嵜さんは演技ではなく自然体できらりを演じているのがよく伝わりました
実際のスタッフさんからは頭痛のタネとして有名なようですが、それだけきらりを好きでいてくれていることが本当に嬉しくてたまりませんでした


2014年4月6日
その人は舞浜の舞台の上で涙を流していました
「みんなのおかげでがんばって来れた」と涙ながらに話してくれました
ステージをスクリーンの向こう側に見ている松本の地で
黄色の法被に『松嵜麗』の名を背中に背負い
ご本人に無理を言ってサインしていただいて
そんな奇抜な格好の30過ぎの男が情けなく泣いていました
自分のやってきたことが報われた、と
自分のやってきたことは間違っていなかった、と

これが諸星きらり担当P兼松嵜麗さんがちょっと好きすぎる男の顛末です
スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!

楽しかった。そして嬉しかった。
それはモバイルゲームという存在からアイドルマスターの一部として本家と肩を並べられるステージまで来れたこと
本家でもアーケードから応援してきた人たちがいるように
自分もサービス開始からとはいきませんでしたが初期から応援してきた立場として
これだけの晴れ舞台にアイドル達が立てたことに


・開演
ライトグリーンの制服に黒塗りの人物がスクリーンに!?
「ちひろです」
・・・名乗ったら黒塗りする必要ないだろ・・・

○パッション
・Orange Sapphire
パッションらしい、元気でアップな曲
そして!ようやく!
3度目にして松嵜さんが参加できました!
毎度毎度ほかの属性の助っ人に行くことが多かったので、ようやっとか!という気分です

・ミツボシ☆☆★:原紗友里(本田未央役)
まさかのトップバッター
「オレンジバキバキの用意はいいかなー!」
バキバキしましたよ!
さゆさゆと会場の一体感がハンパなかったです
本当に楽しそうだった

・熱血少女A:赤﨑千夏(日野茜役)
初披露
ヘイヘーイ!
ミツボシの後にこれはパッションすぎる
テンション上がりますよ

・DOKIDOKIリズム:山本希望(城ヶ崎莉嘉役)
CDよりも表現豊かに歌い上げておりました
個人的に泣きそうな「助けてお姉ちゃ~ん!」が大好き

・TOKIMEKIエスカレート:佳村はるか(城ヶ崎美嘉役)
頑張った
最初のナンジャタウンからずっと見てきたから本当にわかる
この子は大丈夫なのかって思った
でも春のP祭りのときに自分なりにどうにかしようという様子が見えて
SSA、そして今回
立派に歌い上げていました
るるきゃん本当に頑張った

・ましゅまろ☆キッス: 松嵜麗(諸星きらり役)
衣装のアクセサリーの量がきらり並に大ボリューム
まさかの自前での用意ということで、どれだけきらりを愛してくれているのだろう
歌も振り付けも無邪気で楽しそうで
歌声もしぐさも飛び跳ねるような、不思議な楽しさが出ていて

でも辛かったこともあったって
でも今ではシンデレラのみんなとすごく仲良くなって
それはデレラジやマチアソビ、ツイッター上のやり取りですごくよくわかってた
この人に出会えてよかった。この人を応援してきて本当によかった。

・Romantic Now!:黒沢ともよ(赤城みりあ役)
相変わらずの最年少にして最高の安定感
これが子役上がりの実力というものだろうか・・・

○キュート
・アタシポンコツアンドロイド
いろいろと面白い歌なのですが
今回はマリエッティのポンコツっぷりが特に秀逸だったような
というか体張りすぎだよウサミン星人

・あんずのうた:五十嵐裕美(双葉杏役)
シンデレラガールズの楽曲とはこういうものだと
一番特徴を現している曲であり
一番最初に公の場で歌われた曲
今となってはなんであのときマチアソビに行かなかったのかと後悔はありますが
五十嵐さんは本当にシンデレラの発展にすごく貢献してくれてると思います

・おねだりShall We~?:高森奈津美(前川みく役)
SSAよりにゃあにゃあコールが揃っていたような気分ですが
野太いにゃあにゃあはキモイ
ガチのアイマスPであるなつ姉
SSAという大舞台に立てたこともありましたが
やはりシンデレラ単独で舞台ができた事も感慨深かったんでしょう

・メルヘンデビュー!:三宅麻理恵(安部菜々役)
いろいろと頑張りすぎ
全力過ぎてマジ体力もつのは一時間

ちょっと脱線しますが今回LVにて配布されたドラマCDにて
菜々の口から「利根川」という発言があります
さて、「落花生」「電車で一時間」「利根川」
この3つのキーワードから連想されることは
ウサミン星は千葉県我孫子市(最寄り駅:JR天王台駅)である可能性が極めて高いのでh(ウーサミン

・ショコラ・ティアラ: 大坪由佳(三村かな子役)
運動、運動、つまみ食い
運動、運動、もぐもぐもぐ
やめろぉぉおおおお!もうそうとしか思えないじゃないかぁぁぁぁああ!
バウムさんから、ショコラ・ティアラの振り付けの内容についてでした

・Naked Romance:津田美波(小日向美穂役)
割とニアミスが多いようで、どこかで歌ったかと思いきや今回初披露の津田ちゃんソロ
津田ちゃん自体はおねがいシンデレラの発売記念イベントには参加していたのでイベント自体は2回目
1日目の淡々としたMC進行と
自分が曲についていろいろ聞かれて「チュッチュッチュッチュワー」に突っ込まれまくって赤面してる様子が素晴らしい

・S(mile)ING!:大橋彩香(島村卯月役)
一日目の松本LVのコールが酷かったことをここで文句言うとして

安定したシンデレラガールズのリーダー格
いかなるときも笑顔を絶やさない
自分の番であろうとなかろうと
歌っているときも踊っているときもトークしているときも
絶対に笑顔でいる
卯月共々王道アイドルのはっしー
すごい、本当にすごい
だからこっちも笑顔でいようと思える

○クール
・Nation Blue
クールらしい、かっこいい系の曲なのですが
二日目を聞いたとき、全身の毛が逆立つような戦慄を覚えました
5人の真剣な表情、力強いダンス、響く歌声
それらが合わさりぞっとするほど魅了されていました

・小さな恋の密室事件:桜咲千依(白坂小梅役)
ちょこたんかわいい
だぼだぼっとした袖にほんとうにちんまくて
マジ小梅でした
歌も難しいながらも頑張っていたと思います

・Twilight Sky:青木瑠璃子(多田李衣菜役)
ふーりんに次いでクール属性では出席率の高いるーりぃ
ソロ曲自体は2度目ですが
舞台上を駆け回って盛り上げるるーりぃ
からのCメロの感情を込めた歌い方のそのまま力強く曲の終わりまで歌い上げる
歌の表現ってすごいなぁと心から思いました
あとめざましテレビのせいで見切れ芸と言われてますが
長身で足の長いるーりぃってマジでモデル体形なんですよね。危険

そしてこの曲、ライブ会場ではステージ寄りの席ではオレンジ色、奥手では青のサイリウムが振られていました
これはTwilight Sky(夕空)をサイリウムで表現しようと有志の企画だったのですが
見事に成功していました
演者や楽曲提供者達に対していろんな形で感謝を表現する人たちって好きです

・Never say never:福原綾香(渋谷凛役)
「ふーん、アンタ達が私のプロデューサー?・・・みんなすごくいい顔してるね」
ライブでのふーりんの自己紹介時の名物文句です
でも二日目のこの曲を歌っているときはふーりんがすごくいい顔をしていました(MCでも突っ込まれてましたが)
やはりクール曲であるためか、どちらかというとキリッとした表情で歌っている印象が強いのですが
二日目夜公演のときはすごく楽しそうな笑顔で終始歌っていました

この曲は記念すべきシンデレラガールズシリーズのCD1枚目
そしてシンデレラガールズに最初に声がついたのが凛
最初の言葉はテレビCMの「ふーん、あんたが私のプロデューサー?」でした
公開時点ではまだキャスト発表はなく、様々な憶測が流れました
そして、凛を含むCD第一弾のキャスト陣が公開された時点では
ふーりんの公式プロフィールには渋谷凛の名前しか載っていませんでした
そう、ふーりんの声優デビュー作が凛です
シンデレラガールズのリーダーははっしーが務めることが多いですが
シンデレラガールズを体現しているのは凛とふーりんの二人ではないかと思います

凛のイメージがあるためかっこよくあろうという印象が強いですが
一番最初のイベントであるナンジャタウンでのデレラジ公録で真っ先に涙を見せたのもふーりん
実はちょっと涙もろいふーりん
そんなふーりんが好き

・You're stars shine on me:上坂すみれ(アナスタシア役)
まさかのロシア人参戦。まさかの赤参戦。ちょっと出演は予想外でした
すごくやさしい歌声でした
ブレることもなく、静かに、穏やかに
歌い終わった後に「ハラショー!」って言ったらみんなも結構続いてくれてちょっと嬉しかった

・ヴィーナスシンドローム:洲崎綾(新田美波役)
洲崎さん自体は1月のリスアニ以来2度目のシンデレライベント参戦。ソロ曲は今回初
ヴィーナスシンドロームといえばガンダムっぽいかっこいい曲という印象で有名ですが
今回のライブではすごく優しい印象を受けました
このあたりが洲崎さんが意識してやったことなのか、単純に自分の思い過ごしなのかわかりませんが
新鮮な印象でとても好感触でした

・華蕾夢ミル狂詩曲〜魂ノ導〜:内田真礼(神崎蘭子役)
髪型を縦ロールツインテにしての登場!
そしてMCにて何回複雑な中ニ言語を巧みに駆使するその姿は本家の若林神に匹敵すると思える程のキャラへの入れ込み様でした
歌ってるときはまさに蘭子。ちょっとアイタタな感じを全身で表現しておりました
真礼さんもおねシンのイベント以来2回目ですが今後も積極的に参加して欲しいですね

・こいかぜ:早見沙織(高垣楓役)
リアルSRのはやみんがようやくその姿を現した!
歌声は力強くも優しい、とても心地よいものでした
この人の歌が聞けただけでもすごく勝ちのあるライブであったと思います


・お願い!シンデレラ
シンデレラガールズ安定の曲ですが
まだ発売して1年しか経っていないんですよ
2013年4月10日
それがこの曲の発売日です
今回のライブから本当にちょうど一年くらいです
それだけこの曲の存在感、印象が強いんです
初披露はちょうど本家アイマスのライブと同日に行われていたワンダーフェスティバル内でした
あの日、本家をすっぱり諦めた自分に後悔はありません

・輝く世界の魔法
集合曲第2弾
なのですがお披露目は去年のアニサマ以来2回目
意外と不遇の曲・・・
まぁ歌い手を総選挙で選出というのも正直自分は好きでなかったので・・・

・ススメ☆オトメ~jewel parade~
凄いED感のある曲
Cメロではパートごとに二人ずつ歌っていき
ラスサビははっしーのソロパートからニュージェネ3人、そして全員での合唱と
演出も凄くみんなで作り上げてるって感じで凄く良かったです

そして二日目のこの曲が終わった後
何故か涙が流れてました



最後のMCではみんなが今までの思いを涙ながらに語って
なつ姉はアイマスが凄く好きでそれに参加できた喜びを
ゆかちんはモバマスを事前登録する程に思い入れがあり、かな子のオーディションが来た事にの喜びを
ゆきんこはマチアソビにて唐突に一番最初に公の場で歌わされ、杏のキャラが崩壊するという程にシンデレラガールズに貢献してきたことを
麗ちゃんは自分の人見知り故になかなか輪に入れなかったこと
るるきゃんは歌が苦手であったこと、それを何とかしようと中村繪理子さんや今井麻美さんなどからアドバイスを頂きながら必死に努力して
さゆさゆは総選挙で4位に入賞していることに驚きと感謝を
ふーりんはシンデレラガールズ初の声付きキャラであることのプレッシャーを
はっしーはシンデレラガールズの絆と多くの応援への感謝を

シンデレラガールズはようやく独り立ちすることができました
本当に今日まであちこちを飛び回りながら応援してきた自分に誇りをもてます
俺が応援した人は俺が好きな人はこんなにも立派なことを成したんだと

だから
不肖メッキーP
これからもモバマスP、そして諸星きらり担当P、そして松嵜麗さんのファンであること
続けます

本当にみんなありがとう

それから
IMGP0771.jpg
君も一年間ありがとう
これからもよろしく

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:矢村めっきー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日記 (69)
アイマス (155)
模型:雑記 (17)
ドリクラ (9)
ドラクエ9 (3)
ポケモン (2)
とかちロール (8)
?? (0)
ゆきホーク (1)
バトルスピリッツ (4)
アイマスモバイル (1)
なつまち (0)
ガンダムビルドファイターズ (12)
ラブライブ! (0)
紗南のTPRG初体験 (7)
ガンダム全般 (0)
アニデレ (25)
アイドルマスター_シンデレラガールズ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード