2014-12

2014年をまとめてみる

今年は特にいろいろあったような気がします
プライベートな部分は最悪でしたけどね
おかげで苦汁を飲まされることも多々ありました
ま、そんなつまんないことはすり潰してしまって
今年あったイベントを振り返ってみましょう

・なつまち連大暴れ
7月の神輿、8月のドカンショは去年よりも参加人数が増加
どちらも市民まつりであるため、他の連はお付き合い感覚でやらされてる感が出ているのですが
こっちは全国から集まったクソイベンター
まぁ嬉々として騒いでおりますわ
しかも一つの連としては上位に入るほど大規模になってしまい
完全に小諸のクソイベンター集団認定されてますね

・ガンダムはさらに飛躍!
4月までのビルドファイターズ放送から各種キット化の報告
10月からは続編となるガンダムビルドファイターズトライが放送開始
続々と新たなガンプラたちが生み出されていきます
また同10月からは富野監督の「Gのレコンギスタ」も放送開始
監督が楽しそうで何よりです

また9月にあったバンダイナムコアニメキャンプ2014では
ガンダム作品をフィーチャーしたライブステージもあったり
ガンダムは止まらない!

そして
・アイドルマスター
ミリオンライブは新しいCDシリーズが開始
6月には中野にて単独ライブ
ライブでは1日目にはころあずこと田所あずささんが体調不良により欠場するなどありましたが
その体で2日目には無理して出てきたりと無茶なこともあったりしました

シンデレラガールズは4月に舞浜にて単独ライブを開催
二日目最後のMCでは多くの出演者が涙を流し
11月末日には早々に2ndライブが代々木体育館にて開催
1万人オーバーのキャパの会場を埋め尽くすほどに
笑ったり、泣いたり、熱くなったり、楽しい一日でした
そして年明けの1月からはアニメシリーズが始まります

そして本家765プロでは
2月に仁後さん、長谷川さんの入籍の報があったり
9thではまさかの中村さんが全通できなかったり入籍組が全員欠席したり
・・・やっぱりちょっと複雑だな
1月には劇場版が公開されましたが、やっぱり私は輝きの向こう側に行けず取り残されたようです
9thもLVに一部参加致しましたが、まぁなんというか、懐かしい感じでしたね


でも
やっぱり2月のさいたまスーパーアリーナのライブは最高でした
これがみんなの見たかった光景なんだなって
この記事を書いている後ろではBDを流しております
すごいよね
ミリオンもシンデレラも765も
それから愛ちゃんも
すごかった
うん、すごかった
“夢を初めて願って今日までどのくらい経ったのだろう”
会場全景になると無数の光があって
その一つ一つが俺達で
その一つ一つがアイマスが好きで
“夢は自分をかなえるために生まれた証だから”
本当に夢が叶った瞬間
1万人?それ以上?
数多のプロデューサーたちが願った舞台
それはアーケードから、XBOXから、PSPから、アニメから、PS3から、シンデレラガールズから、ミリオンライブから
あらゆるスタート地点から歩んだプロデューサーたちが全員願った舞台

過去に捉われたり振り返り続けてちゃいけないことくらい自分でもわかってる
でも、あの二日間は俺にとって大事な日であり、あれ以上を願うことが出来ない
出来ないんですよ
あの日、2014年2月23日。自分の時が止まってしまったんです
かろうじてシンデレラのきらりPとして動けていますが
きらりが、松嵜さんがいなかったらボロボロだったかもしれません
それだけ衝撃的だったんです、SSAライブって
あれを超えるものが想像できないんです
だから、だから・・・だからなのかな、「765は捨てた」なんて言ってるのって
スポンサーサイト

ガンダムブレイカーから2へ

今週発売となります『ガンダムブレイカー2』

ガンダムブレイカー2 初回生産限定 10月から放送開始のTVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場する最新機体3体がいち早く手に入るプロダクトコード! 同梱ガンダムブレイカー2 初回生産限定 10月から放送開始のTVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場する最新機体3体がいち早く手に入るプロダクトコード! 同梱
(2014/12/18)
PlayStation 3

商品詳細を見る


発売してない現時点ではPVなどからしかその内容は知り得ることはできないわけで

みんな前作をクソゲークソゲー言ってますけど私は好きでしたよ
ただ不満はありました

1.完全上位互換の存在
まずはHGに対するMGですね
単純にサイズ違いで性能はMGのが上
前半戦で苦労してHGのパーツを集めたら
後半戦で「今度はMG集めがんばってね~」とか
そもそも私はHGの方がコンパクトで好きなんだ

そして何よりも「武器全般」に言えることですよね、コレ
射撃武器は武器ごとに特性が変わるものがありました
例えばマシンガン系でもMMP-80は攻撃力は低いが強攻撃が移動しながら使えるグレネード、攻撃力は高いが強攻撃は足を止めないといけないゲルググJのビームマシンガン
バズーカもロケット弾、散弾などがありました
が、それらの方がむしろ例外
それぞれの武器カテゴリには「最強」と呼ばれる存在があってしまったのです
大剣の「アロンダイト」、アックスの「ビームアックス」、サーベルの「GNソードⅢ」、ライフルの「ツインバスターライフル」・・・
これらのせいで「これらを持ってないと蹴ります」と言われんばかりの風潮さえ見られました
オンラインルームのアイテム収集もほとんど上記のをマラソンしますばかり
なので最終的に持ってる武器はみーんな同じ

2.機体と武器の相性
これについてはさまざまな意見が出るかもしれません
パーツごとの個性を出す、という意味では良いのかもしれません
が、ここでも出てくる上位互換・・・
本体パーツには武器との相性を左右する能力があります
例えばシナンジュならライフル、アックスが得意
ジムカスタムならマシンガン、サーベルが得意
Zガンダムはロングライフル、大剣、サーベルが得意 などなど
ですが結局持てるのは手持ち火器一つと格闘武器一つなので
特化した性能の機体に取られちゃうんですよね・・・
大剣使うならデスサイズヘル、ライフル使うならウィングゼロ(EW)、ガトリング使うならヘビーアームズ、格闘するならマスター
じゃほかの機体は?
少ないOP枠を割いて適正を無理矢理上げてまで趣味に走るか上位互換が手に入るまでのつなぎです
こうなるとまた装備の選択肢が減ります

あとは協力すぎる機体固有武器
EXアクションの「サテライトキャノン」「月光蝶」がそれです
それに対しやっぱり貴重なEXアクション枠を使って・・・なブルーフレームセカンドリバイやレッドフレーム改など・・・
産廃と呼ばれても反論できません・・・

3.詐欺にも近い部分参加
ガンタンクの頭、ザク改の体、グフカスタムの腕、アカツキの腕、ヴァーチェの足、GNアーチャーの足その他・・・
誰得だよ!?カスタマイズの幅を広げるため?
中途半端なことをするな!変な期待を持たせるな!!

・・・アカツキは好きなんですよ
だから腕パーツが作れたとき、早くパーツ揃わないかなーとすっごく期待していたんです・・・


と、不満を挙げてみましたが、ガンダムブレイカーをクソゲーと呼ぶ人たちみんなが
最後に行き着く先は
「あって、実はなかったカスタムの自由度」
なんですよね
趣味なんて人それぞれ
ガンダムなんてましてや
「ダブルオーライザーの合体って男の子だよな」「ガンダムよりもジムだろ」「ザクならR-2かな」「スタークジェガンは連邦量産機の神」「グフカスタムかっこいいけどちょっと食傷気味」「ターンタイプの魅力は説明できないけどカッコイイ」「V2ABの全乗せはロマン」
ガンダムを知ってる人物で飲み会やると大抵こんな感じになりますよね(上記発言は全て私事です)
だけどみんなそういうメンドくさいこだわりを持てるのがガンダムって世界なんですよ
そして「ジェガン、もうちょい装甲盛りたいよね」「アカツキに全ストライカーパック付けたいんや」「基本デザイン同じなんだからジムだってFAやパーフェクトになれんだろ!」
などなど改造を妄想するのがガンプラビルダーであり
それを具体化するガンダムブレイカー
みんな思いが強かったんですよ。それを受け入れられるほどの器が前作にはなかった。それだけなんです。だから私はクソゲーとは言いません。「ここをこうして欲しかった」とは言います


そんな期待を開発スタッフたちが真摯に受け止めたと思われる本作
機体数はカラバリ、部分派生機体を除外しても100体以上がプレイアブル
新たな武器カテゴリ「ナギナタ」「クロー」
ロングライフルなどは手動でのスナイピング方式
塗装にメッキ、デカールが追加
何よりも開発スタッフからの
>また、前作ではオンライン上で一部の強力なパーツばかりの機体を見ることが多かったと思いますが、今回は自分の育てたものが最強になります。
の一言が全ての答えになっているかと思います
たぶんベースはアカツキかデュエルかパワードジムあたりで機体を組もうかなって考えております


ああ!やっぱり俺ってガンダムが好きなんだ!!!

ガンダムビルドファイターズトライ第9話「決戦のソロモン」

とりあえず前半戦のクライマックス、といったところでしょうか

アバンでスレッガーさんがひっ叩くシーンはファーストのスレッガーさんがカムランさんを無視しまくってたミライさんをひっ叩くシーンのオマージュですね
というか現状スレッガーさんしかパロネタ、オマージュネタやってくれないから寂しい
まぁあのおかっぱはマジで頭にきましたけどね
カマセとはいえ清々しいほど見てて不愉快な分類のゲスっぷり
俺も殴りたい
なんか今回不愉快なキャラが多い・・・

宮里のリーダー、スドウ・シュンスケがいろいろ“トライ”の世界観を説明してくれましたね
まず結構出てきていたダメージレベルについて、以前ラルさんがユウマと練習するときに「機体を傷つけたくないからレベルB」
と言っていましたね
で、スドウの話によると地区予選まではレベルB、全国大会ではレベルAらしく
全国大会で木っ端微塵のスドウのギラ・ズールが見られます
よくよく考えてみると地区予選では実際に破壊されたガンプラの描写はないんですよね
ひょっとするとレベルAは前期と同様、バトルダメージがガンプラそのものに蓄積される
レベルBはそのダメージの反映される量がマイルドになっている
のではないでしょうか
ただそうなるとなんか中途半端だし、でもそうでないとユウマ戦後のグフR35にヒビが入っている説明もできないし・・・
ただ前期でも不満の声はあったのでしょうね。「せっかく作った自分のガンプラが壊されるのは嫌」って
それに対しヤジマ商事が新たに設けた設定なのでしょう
さすがニルス、GJ

そしてスドウがサカイ・ミナトにガンプラを作ってもらった理由も明らかになりました
・・・まぁなりふり構ってられないってヤツですね
それじゃ泣き落としで勝ちをもぎ取っていたシモンの取り巻きと同レベルじゃん
その結果があのラストシーンなんでしょうね、と私は思ってます
方や「自分で作る喜び」を極めて世界大会優勝まで突き進んだ馬鹿の作品と
方や自惚れで片手間に作った他人の作品
いいやられ方だと思いますよ。うん、嫌味です。本音は「ざまあみろ」「インガオホー」です

戦闘前にセカイの下にシモンやカオルコが助っ人に来るのも良かったですね
王道の友情モノですがこの展開は好きです。シモンがまた出るとは思わなかったし
戦闘シーンもAパート後半からたっぷり盛りだくさんで久々に満足いきました
そして相変わらずテンションのおかしいメイジン・カワグチ
繰り返しになりますがラストシーンは本当にスカッとしました
強い外人選手(スレッガーさんじゃないよ)で補強したチームが勝ったって楽しくねぇっつーの
本当にあのシーンは“自分で作り、自分で戦う”というビルドファイターズの作品テーマを現した演出だと思います
だからR-ギャギャも胸張っていいと思う
あれも兄と妹、二人の想いが詰まっている機体ですし、それを表現させた機体ですから
ひょっとしたらスドウ自身が作るガンプラより強いんじゃねーの?
まぁ二人の戦いは選手権とかそういうのなしの状態でもう一回やって欲しいですね
勿論スドウは自分のガンプラで。心形流のチートなしで。当たり前だろ。それがビルドファイターズ

でも結局スレッガーさんが何者なのかわかりませんでしたね
とりあえずアラン主任が帰ってくるのを待ちましょうか
あとセカイが衰弱した理由も不明ですね
前作は意志を反映させる結晶、という明確な理由がありましたが近作はヤジマ商事が独自に開発したシステムですし
まぁそれはおいおい説明されると信じて待ちましょう


とりあえず今回の放送で
メガ式購入見送り決定

メガライダーだけでいいや~
仕方ないだろ!ガンダムブレイカー2も今月なんだ!

ガンダムブレイカー2 初回生産限定 10月から放送開始のTVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場する最新機体3体がいち早く手に入るプロダクトコード! 同梱ガンダムブレイカー2 初回生産限定 10月から放送開始のTVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場する最新機体3体がいち早く手に入るプロダクトコード! 同梱
(2014/12/18)
PlayStation 3

商品詳細を見る

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!~心から~終幕~

今回3回に分けての記事となりましたが、今回のライブは実質5時間の長丁場
あれだけたくさんいたSSAライブ並みの長丁場をシンデレラ達は単独でやってのけました
改めてその強さに驚かされる限りです

●心からおもてなし
・Nation Blue
面子がなんとなお坊、ちょこたん、すみぺ、るーりぃ
まぁ今回は凛、奈緒、加蓮のトライアドプリムスでこの曲を歌うだろうなぁと予想していたのですが
まさかの逆パターン
しかもコーラス風にアレンジされてる
Nation Blueは凛役のふーりん、楓役の早見沙織さんのおかげで結構低音、かっこいい感じにまとまってるのですが
ちょこたんが一人入るだけでその空気をぶち破る
ナイスキュート
で、この曲はセンターステージで4人が正面を向きながら2番まで歌うのですが
瑠璃子が自分の席から一番手前にいたのでずーっと瑠璃子の太ももしか見えないんだよ
けしからん。サイクロプス隊を出撃させろ

・2nd SIDE
CD6弾発売記念イベント、そしてサマデレと結構出てくれている松井恵理子さん
キャスト発表の時点でかなり名前が売れていたので難しいだろうなと思っていたのですが
かなりシンデレラに貢献してくれて凄くうれしいです
そしてシンデレラ一門なんて呼ばれている中でももの凄く純粋!
どっかのクール属性(笑)が「アレックスイェーイ」とか言っている直後にこの方が「明日はライブ!がんばるぞードキドキ」みたいなツイートを見ると
あぁ純粋だなぁと癒されます
というかこれが普通の反応だろ!何が「なつ姉倒そうぜ!」「無理矢理仲間になる!」だバカヤロー!
これが翌日ライブを控えた声優アイドルの発言かよ!?
えっとちょっと脱線というか暴走してしまいましたが、曲自体はクールとしては珍しく
ややアップテンポのアイドルソング寄りの感じで結構ダンスが激しいのですよ
で、1番でステージ正面、2番は上手側、以降が下手側、つまり自分の席の方を向いてくれたのでラストのダンスをしっかり堪能できました
いやーこういうのって嬉しいですねー

・You're stars shine on me
同志上坂!赤い声優上坂すみれ!
まぁ舞浜に続いての登場ですが嬉しいですね
この方もかなり忙しいと思われるのですが
曲も静かなバラードで私も好きな曲です
自分はライブでは楽しむ、と、聞く、で切り替えております
ぶっちゃけ楽しむときはコールを全力で入れ、サイリウムを振り回し
聞く場合はリウムを振ることすら放棄します
なのでこの曲は前回もそうでしたがただひたすら聞き入りますね

・風色メロディ
いろんな意味で被害者の大空直美
何故か黒いと言われるそらそら
当日もご飯屋さんから「く、黒いっ・・・!」って言われるし
はっしーからは「馬乗りになってツインテール引っ張りたい」とか言われるし、酷い風評被害である
が、そらそらかわいい
長いツインテも智恵理そのものだし
なのに中身はコッテコテの大阪芸人体質
ある意味シンデレラ一門という名前を生みだしてしまった一因かもしれない

・薄荷 ‐ハッカ‐
正直キャストが発表されたとき、複雑な気持ちだったのですよ
渕上舞さんといえばガールズ&パンツァーで主役を演じ、その時点で相当な知名度を得ていましたから
そういう方になればなるほどイベントやライブのオファーが難しくなるから
ですがCD発売イベントに続いて出演してくれました
非常にありがたいことです

・Never say never
ようやくリウムが振れる!我慢してるなら振れよ。いや、それをしないのが俺の主義なので・・・
この曲も本当に長いものになりました
ナンジャタウンでのデレラジ公録からすでに2年?
あの時は声も震えてて、でも一生懸命歌おうって感じだったのに
8thやSSAではかっこよく
舞浜では楽しそうに
そして今回の代々木では貫禄が見えるかのように
結構多様に変化してきた曲
同じ曲を同じ人が歌っていてもこれだけ表現が変わるんだなって
本当に思える。進歩の曲
まさに3代目シンデレラガールの威厳とも言えるものを見せてくれました

・オルゴールの小箱
センターステージに並ぶトライアドプリムス
前日ギリギリまで予習してきてたのですが・・・
松井さんの元気な声
渕上さんの綺麗な声
そして福原さんの力強い声
声だけで違いがはっきりと見える、三人の個性がしっかりと見える
視聴版(というかオリジナルメンバー)だとこの力強さが無いんですよ
そこに今回ふーりんの歌声が入ることで全く違う雰囲気となって
ずっと泣いてました
声優さんってすごいなって
これだけはライブで聞かないと伝えられないものだと思います
ごめんなさい、こんな書き方で

MCに入り、この時点で全員のソロ曲も属性曲も全て歌い終えたので、もう終わりだなと思ってしまいましたが
案の定告知が間に入りまして
ようやくアニメの新しいPVが入りました!

まぁPVの内容についてはここでは省略しますが
きらり登場確定ヤッター!!
あと声付け総選挙の中間発表もありましたがそっちはなおのこと置いときます

PV内にて初披露となったアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』のメインテーマ『Star!!』
がそのままフルバージョンにて初披露となりました
・・・モバマスの全員曲には「いぇーい!」と「フゥー!」を入れるのが義務化されたのでしょうか・・・?
アニメの主題歌らしい、ハイテンポの元気な曲です
作曲はMONACAでもアニマスに関わり将来有望とまで言われた田中秀和氏
作詞はアイマス創生期からの功労者、森由里子氏
ススメ☆オトメの組み合わせです。ある意味シンデレラに深く関わってくれているお二人です
フルバージョンの発売が早速楽しみです

そして
・輝く世界の魔法
あれ?こっちが最後?
と思ってしまってすみません
いや、ほら、前回の舞浜といい、最近アンコール無しも珍しいことじゃなかったし
正直今回のライブは舞浜で歌った曲の一部は切られるんじゃないかなって覚悟してましたし

で、歌い終わり演者は舞台を降りますが
まぁ案の定いつものアレをやってませんし、何より強制退出を図るちひろさんも来てませんし
これはアンコールやっちゃっていいんだなーと!
うん、9thでもアンコールしてたと思うんですけどおぼろげなんですよ
それだけ舞浜でのアンコールなしが正直ショックだったので
久々ですね。全力でアンコールしたのは
松本のLV会場だと音頭をとる人がいなくて自分がやってしまうことが多いのですが(苦笑)

●アンコール

・最後のMC
舞浜ではすごいことになってしまいましたね
でもさすがに前回出演者は同じ過ちを繰り返しません
なによりめっちゃ時間押してましたから

・ススメ☆オトメ ~jewel parade~
先ほど自分のライブの参加の仕方(楽しむか聞くか)を書いたばかりなのですが
この曲は妙な立ち位置なのですよ
具体的に言うとリウムだけ振ってます
なんといか、ED曲って感じで
今日は終わっちゃうけどまだまだ終わらないよ!って感じで
悲しいんだけど前向きになれるような、不思議な感じなんです
だからじっくり聞きたいんだけど頑張りたい!ってリウム振ってるのかな
自分のことのクセにわからんの(笑)

・お願い!シンデレラ
アニメ化以前の765のライブが『THE IDOLM@STER』にはじまり『THE IDOLM@STER』に終わるような
そんな伝統なのかもしれませんね
アンコールではステージ、花道、センターステージとみんなあちこち走り回って
ちょうど自分の前にはさっつんやのぞふぃすが見えましたが
さっつん泣いちゃってるんですよね
でも泣きながらちゃんと歌ってました
ありがとう、さっつん
もちろん他のみんなもありがとう
本当にありがとう





2011年11月28日アイドルマスターシンデレラガールズ運営開始。奇しくも自分の誕生日と同日。ソシャゲーを快く思っていなかったため、この知らせに対し非常に複雑な気分であった

2012年1月CM放送。渋谷凛の「アンタがプロデューサー?」の声に中の人は誰か?と話題に。この時点ではキャストの発表は一切なく、様々な憶測を呼んだ

2012年4月18日アイドルマスターシンデレラガールズ初のCDシリーズが発売。オリコントップ10に入るなど様々な話題に。そして今まで不明だった凛の声優が、本作がデビューである福原綾香であると公開された。当時の事務所公式プロフィールには『出演作:アイドルマスターシンデレラガールズ 渋谷凛役』のたった一行であった
その後も『CINDERELLA MASTER』というシリーズ名にて第7弾(No.31~35)の発売が予定されている
なお2012年5月には徳島にてマチ☆アソビが開催されていたが、例年出演していた双葉杏役の五十嵐裕美さんがいきなり「ライブしろ」と言われ、急遽『あんずのうた』のライブとディレ1とのトークショーが発生。これが五十嵐先輩のシンデレラ労働のはじまりである

2013年2月バレンタインイベントに合わせたCMが放送。今まで本家765の楽曲などを使用していたが、オリジナルの楽曲が使用され話題に。
同月、幕張メッセにて行われたワンダーフェスティバルにて特別ステージイベントが開催。『お願い!シンデレラ』という曲名で初披露。なおこれ以降、ワンダーフェスティバルではシンデレラガールズのトークショウや生放送など、強いつながりを持つようになった。2013夏の佳村はるか、山本希望による『朝まで生トーク!』では二人羽織したり「腕相撲で勝った方がfigma(このとき発表されたのが城ヶ崎美嘉、莉嘉の二人であった)をもらえる」となってギャーギャーリアル喧嘩したりとバカ姉妹っぷりが加速度的に進行した伝説も残している

2013年4月10日『お願い!シンデレラ』CDシングル発売。CINDERELLA MASTERシリーズはCDごとがキャラごとに分かれていたため、複数のシンデレラガールズが合唱する歌はこれが初めてであった。その後は『輝く世界の魔法』や『We're the friends!!』などもリリースされたが、それらは総選挙にて選ばれたメンバーが歌い手に参加する方式をとっているため、公式側が選んだメンバーで歌う合唱曲は実質この『お願い!シンデレラ』だけである

2013年9月にはクール、パッション、キュートそれぞれの属性に分かれたカバーアルバム『jewelries』シリーズが発売。12月には第2弾が発売を控えている

2013年の765プロのアニバーサリーライブには一部がゲスト出演。おそらくこれがシンデレラたちとP達の実質的な初めてのライブではないだろうか。また同年のアニメロサマーライブにもアイドルマスターシンデレラガールズ名義にて出演。しかし2曲だけという寂しい結果に終わった

2014年1月リスアニライブに出演。MCは安心のよっぴー&わっしーなので声優さんたちの扱いは丁寧であった。確かMCは入れ替わりだったので対応はわっしーかな?ゲームに関する深いトークこそなかったが、このときが初舞台となる洲崎綾に対しフォローしたりと非常に丁寧な対応であったMCすら与えられなかったアニサマとは一体・・・

2014年2月22日、23日
アイドルマスター、シンデレラガールズ、ミリオンスターズ、そしてディアリースターズが一同に集まる祭典『THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014』が開催

2014年4月5日、6日
舞浜アンフィシアターにてアイドルマスターシンデレラガールズ初の単独ライブ開催
シンデレラガールズのイベントはおろかラジオへの出演も困難であった高垣楓役の早見沙織など、非常にオファーの難しいであろう面々が一同に揃い、初めての舞台を成功させた。なお長野県の松本シネマライツ8では過去にもアイマスに限らず数多くのLVをやっていたが、全席完売となったのはこれが初だと思われる。参加者には女性も多く、シンデレラガールズの人気の幅広さを改めて知った

そして・・・
2014年11月30日
代々木体育館にて2ndライブ開催。

2015年1月9日
アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』放送開始予定・・・



ここまで長くて短く、辛い時期もあったシンデレラストーリー
特に創生期に多かった765原理主義者たちの軋轢
「しょせんソシャゲー」「二次創作物」「存在できるのは765のおかげ」
本当に数多くの罵倒が飛び交っていました
でも、CDが発売されて、声がついて、声優さんたちも、ゲームの運営スタッフも、バンナムのアイマススタッフたちも
一生懸命なんだって。携わるのは人ということは変えようがないんだって。どんなものでも作るのは人なんだって
それに気付いて
そしてきらりと、松嵜さんと出会って、その思いを受け止められて
だから俺は進もうって、それがどんな修羅の道だろうと、過去に知り合った人たちと袂を分かつことになろうとも
俺はこの頑張ってる人たちを支えたいって
過去の人たちが本家を大切にしていたんだったら
俺は今あるこのシンデレラガールズを大切にしたいんだって
それが今の俺の素直な気持ち

今回のライブは「アイドルマスターとは違うんだ!」って意欲がすごく伝わりました
本当にシンデレラガールズは一癖も二癖もある、個性豊かなメンバーです
それはキャラクターも、それを演じる声優さんたちも
終始驚きの演出の連続であり、楽しませ、盛り上がり、感動させてくれた一日でした
ちょっと書き方が765やミリオンに対して否定的に見えるかもしれませんが
あちらにはあちらを応援してくれる人たちがたくさんいることを承知していますし
あちらにはあちらの魅力があるのも承知しております(0・▽・0)
安心してその人たちに任せられれるというのもありますし
真面目でまっすぐな彼女らに対して自由奔放な灰かぶり姫たちを見ていると「やれやれ」と思いながら笑顔になれる自分がいるのも事実

だから俺は、メッキーPは
シンデレラガールズのプロデューサーの一人でありたい、在り続けたい
それを誇りに思いたい
「うちのアイドルすごいだろ!」って胸を張りたい
それが当面の方針であり、目標、夢、かな

アイドルマスターもアニメ化によりその知名度を大きく広げるものとなりました
シンデレラガールズも来年よりアニメが開始されます
それを支えるのは、応援するのは自分達ですから
シンデレラの魔法は12時に消えてしまいますが
少なくとも自分の体がもつ限りはお姫様たちに夢を見させてあげたいんです
だから、俺はこれからも頑張ります
このつたない記事を見てくれた皆様
どうか、これからもアイドルマスターシンデレラガールズの発展をお祈り頂けます様宜しくお願い致します


OG連邦兵、メッキーP

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!~かわいく~超はじけて!~

さてさて、パーティ第2部は“かわいくおもてなし”
となるとキュート中心だろうと
そしてパッションながら心は最強のキュートなあの方の曲もここだろうと!

●かわいくおもてなし
・アタシポンコツアンドロイド
か、かわいいけど・・・!
しかも面子がよりにもよって双葉杏役の五十嵐裕美、前川みく役の高森奈津美、安部菜々役の三宅麻理恵
ウワァー!よりにもよってキュートイロモノ三銃士だー!!
ポンコツチームによるポンコツ曲ですごく不思議な気分でありました

・エヴリデイドリーム
ライブ初参加、イベントとしてはワンフェスから2回目の参戦であります
ヤンデレ佐久間まゆ役牧野由衣さん
アリアの主題歌を歌われた方でアーティストとしての活動の方が有名ですが
今期はガンダムビルドファイターズにも出てるよ!けしからんホシノ・フミナ先輩役だよ!ジム捨てやがってこのやろう!
まぁ牧野さんの容姿が本当にまゆゆそのもので、セミロングに軽いウェーブがかかってふんわりした髪
そして、赤のリボン
ちょうど衣装変更がここからありまして、今回新調の白をベースにしたエプロンドレスのような衣装
メタで言えばゲームのシンデレラガールズ内にて11/30からぷちデレラ用衣装として無料配布されたものですね
ラスト、ステージの上を牧野さんが歩いていくんですが、スカートをふわっふわっ揺らしながら歩いてて
ままゆなのにキレイ!?
いや、正直自分ヤンデレってダメなんでままゆも敬遠してるんですよ
でも牧野さんが声をあて始めてからだんだんままゆの黒い部分が浄化されてるような気がするんですよ
本人はそういう部分も前面に出していきたい様子でしたが、どうも自分には逆効果になってるような・・・
いや、俺的にはいいんだ。むしろこのまま公正して欲しい

・花簪 HANAKANZASHI
ステージ上に点在する・・・傘!?

和傘 踊り傘 藤赤(装飾用)和傘 踊り傘 藤赤(装飾用)
()
株式会社カサマヤ物産

商品詳細を見る

奥ゆかしいオコトの音が響くヨヨギ=ギムナジウム!
赤の和服をアレンジした小早川紗枝役の立花理香様!
アイマスのいろんなイベント、ライブに参加してきましたがこんなパフォーマンス今までにない!
ダンサーさん6名、そしてりっか様の合計7人が傘を使ったダンス、パフォーマンスをしながら歌っており
そしてりっか様の表情、流し目がいちいち綺麗でして・・・
まさに京都めいた奥ゆかしさに冗談抜きで失禁しかけました
和の雰囲気は大好きだし和服大好きだし曲も6弾組の中では実は一番お気に入り
経験から言うと去年のラブライブ!3rdでの『輝夜の城で踊りたい』のような華やかさ、雅さが近いかもしれませんが
まさかアイマスでここまでやるとは・・・こんなものが見れるとは・・・
ありがとう、りっか様

・Angel Breeze
か、かわ、いい・・・?
いや、うん。川島さんはかわいいよね、わかるわ
そして中の人、東山奈央さんもかわいいよね、たぶん身長も多く見積もっても150ないだろうし・・・
というかそんな子がなんでこんな声出せるんだよ!?
わからないわ
実際本人のお姿はバンナムキャンプにてさばげぶっ!のステージで拝見していたのですが
まぁいろいろと川島さんとのギャップやら切り替えが衝撃的に凄すぎて

・お散歩カメラ
パッションなのにカワイイ!正統派にカワイイ!藍子普通カワイイ!
うん。未だに藍子が何故仁パッションなのかわかりません
金子有希さんはシンデレラのイベント初参加かな?
まぁお散歩と言うだけあってステージ上を上手下手中央花道センターステージとあちこち自由に動きながら歌ってくれました
ねこさんも数少ないシンデレラ一門の良心

・おねだり Shall We~?
Pちゃんのにゃあにゃあはかわいくないにゃあ
ボス猫の登場です
前回の舞浜ではイントロ部分のみに他の演者さんがお手伝いとして出演してました
(そして瑠璃子は猫のマネではなく猫パンチしてました)
が、この曲の限りではなく、今回は演者さんのお手伝いが一切ないんですよね
というのもダンサーもすごい数を出しておりまして
最終的に10人以上いたんじゃないかな・・・
とりあえずなつ姉は通常運転でやっぱりPちゃんのにゃあにゃあはかわいくないにゃあ
それからなつ姉の描いたボス猫ちゃんはSAN値がガリガリ削れるにゃあ

・小さな恋の密室事件
クールなんだけどキュート
バイク乗りだけどキュート
クール属性に混じったキュートな天使!桜咲千依ッッッ!!!
シンデレラの良心なんだけど弄られやすくて決壊しないか不安
前回の舞浜ではブラウスのだぼだぼの萌え袖にキュワキュワッ!してしまったPも多いはず!
で、今回一つ目のチェックの衣装では普通の袖でしたが
エプロンドレス風の新衣装では萌え袖復活!
わかってるね衣装さんと演出さん!キュワキュワッ!キュワキュワッ!
で、前回もダンサーさんがゾンビ化してたのですが
今回はマント着用
で、ちょこたんもマント着用!
マントをばさばさ翻すんですが手足が短くてカワカッコイイ!
ああ~これはクールキュートですわ~

・パステルピンクな恋
jewelries 002キュート曲です
はっしー、りっか様、そらそら、まきのんという正統キュート組!イロモノじゃないよ!
かわいいは正義!
インパクトはさすがにアタポンほどではありませんが・・・アレは異常なんや
だがかわいいは正義
これ大事。古事記にもそう書かれている

ここで再びMCへ
MCの司会は・・・残念姉妹 ダメ姉妹 ファミリアツインことるるきゃん&のぞふぃす
もう嫌な予感しかしません
ええ、案の定るるきゃんが暴走しかけてました
具体的にはなお坊に話を振ってるときになんか前に前に出てくるんですよ、あの人
まぁなお坊は初参加ともあって結構いろんな話が聞けて
「歌い方だけでなく普通の横揺れダンスなどにも昭和感を出したかった」と本人の弁
で、まさかこの人が食いついてきました。みくにゃんことなつ姉
なお「川島瑞樹、22ちゃいでぇす☆」ウワキツ
なつ「・・・昭和なの?平成なの?」
なお「ぁ・・・私、自身は、平成・・・」
泣き崩れるみくにゃん!そのままちょこたんと抱き合うみくにゃん!爆ぜろみくにゃん!ファンやめます!

で、天丼ネタって大事よね、わかるわ
妹「あのさぁちょこたん。あのボソボソ言ってるところってなんて言ってるのかなぁ?忘れちゃった☆」
ちょこ「えっと・・・ダイイングメッセージになってて・・・その言葉をつなげると・・・」
姉「なになに?どうなるの?」
ちょこ「大好き///
キュワキュワ!!キュワキュワ!!
会場中がキュワキュワしてしまいまして、さらに赤面するちょこたんでさらにキュワキュワしてしまうのです
ちょこ「もーみんな覚えたでしょー!」
妹「いやーどうしても忘れちゃうんだよねー」
このダメ姉妹どもがありがとうコンチクショウ

ってあれ?ウチのパッションだけどめっちゃかわいいアイドルがいないんですけど・・・

で、会場が暗転。聞きなれないイントロと共に
・メッセージ
良い曲ですねぇ
いや、『We're the friends!』はあの一枚が楽曲・ドラマ共に非常に良い出来であったと思います
この曲もアニメPV第2弾でかなり印象的になりましたし
でもなんというか、不思議な曲なんですよね
ノリがよく盛り上がるって感じでもなく、かといってゆっくり聞き入る感じでもなく
うーむ・・・?うん、なんか不思議。空気が独特、といえばいいのかな

ここで残り半分の出演者の自己紹介がやっと入ります
で、一番自己紹介がある意味一つのネタとして完成されたしぶりんこと福原綾香さんの出番であります!
順番が回ると騒いでいたPたちが一斉に静まりかえる
他の出演者もPたちに「しーっ」と静かにさせるようなしぐさ
で、カメラがふーりんにあわさって・・・既にスイッチ入ってる!
出たァー!中二病モードのふーりんの残酷な視線だァー!!
しかもカメラを指定してきたァー!?
ふーりん「ふーん・・・」
他のみんなもめっちゃ覗き込んでガン見してるー!!
ふーりん「アンタたちが私のプロデューサー?
      ・・・・・・・・・・・・みんな、いい顔してるね!」

そういやこれっていつから始まったんだっけ?
もうわからなくなってきたくらいに場数踏んできたんだなぁ

・ゴキゲンParty Night
jewelries 002の共通曲ですね
これでいわゆるシンデレラの全体曲は6曲目
前回のススメ☆オトメはちっとり系に対してこっちはアップテンポのノリノリな感じ
こちらの方がアイドルソングって感じです

で、ここからが地獄のはじまり!

●超はじけておもてなし!!
・毒茸伝説
暗転しているステージでもうっすらと影が見える状態で、ダンサーさんたちがステージに集まっているのがわかります
で、ステージ中央でダンサーさんにジャケットを羽織らせてもらってるのが薄ーく見えるんですよ
これは演出?出入りの時間短縮?
なんにせよ、この時間でみんなが「来る」「ヤツだ」「ヤベェ」って空気ビンビンなのが楽しかったです
で、
「Invaaaaaaaaade!!!」
レザーベストを羽織った茸栽培者のエントリーだ!!
ジゴクめいたキノコ・チャントにヨヨギ=ギムナジウムは炎上!
次々と発せられるデス・キノコ・スラングにトモダチたちは狂乱!
すげぇよ我。サマデレ行けなかったから初めて聞いたけどどんな空気だよコレ

・メルヘンデビュー!
???「そのとき、代々木体育館に不思議な光が降りてきたのです・・・」
だが下から来る。もうネタで下からやってるだろ(笑)
SSA、舞浜、そして今回の代々木で実質3回しか歌ってないのになんなんでしょうね、この統率力は
つ、疲れる・・・こっちはリアル30歳オーバーだっつーの・・・

・あんずのうた
ヤメロー!ヤメロー!酸素がないんだー!
あのね、鉢巻って結構頭の血の巡り悪くするのよ。いや、マジで
そんなに締め付けていないけどわかるんだよ。頭がキューってなっていくのが
なら外せって?それは無理。俺のアイデンティティだから
おそらく一番生歌披露回数が多く、客任せの部分が多い酷い曲
さすがに舞浜で完成されたろ。強いて言えばカエダーマ大作戦の映像がどうなるかくらいだ
で、どうなったかというと・・・
SSAから続投のお花畑に明朝体の「休憩」の二文字
これはスタッフも働きたくないという意思の表れなのか?
違った。両サイドの二つのモニターに映されていたのは
座布団の上で中途半端にクタったあのウサギと何故か前には湯呑み
ばーかばーか!
あと振り付けは変更ありません。「ビリビリ」も「名言名言」も。いいの!?ダンサーさん、それでいいの!?

・・・・・・

ステージに照明が点く。あれ?ゆきんこが残ってる
あ、ヤバイ。この流れはヤバイ。イケナイ。ここに持ってきやがった
ゆき「あ~疲れた~・・・スタッフさ~ん?」
??「あーんーずーちゃーんっ☆」
・・・やっぱりだよ・・・来ちゃったよ・・・ライブでやるんかよ、あんきら劇場
れい「あのねあのね、今日は杏ちゃんにお手伝いしてほすぃーのー☆」
ゆき「・・・え~杏はもう十分に働いたからもう帰りたい・・・」
れい「きらりんの、振り付け講座ーっ☆」
相変わらずかみ合わない!そしてさらっと怖いこと言ってきた!?
ぇー振り付けのまとめは後日行います・・・
ゆき「・・・何気に難しいね」
はい、ゴモットモデス
しかぁし!担当たるもの出来ないとは言えぬ!

・ましゅまろ☆キッス
うん。みんなめっちゃ戸惑ってました。実際難しい
しかし本当にいろいろ頑張ってるなぁと
毎度毎度工夫してるんだなぁと
だからこっちも応えないといかんのよ

・ミラクルテレパシー
聞こえます。宙明節が聞こえます。聞こえねえよバカ
だってだって!スパロボのせいでサイキック、とくれば斬じゃないですがダンガイオー!
で、おそらくイベント自体初参加なのかな?堀裕子役の鈴木絵理さん
たぶんシンデレラガールズ最小!の143cm!?瑠璃子と並べてはいけない。るると並べてもいけない
で、まぁ「サイキック大ユニゾン!」やらいろいろと盛り上がってはいたのですが
2番が終わった後に謎の寸劇開始。今回寸劇多いぞ
サイキック、ダンサーさんが消えた!
そして、サイキック、ダンサーさんテレポート!
「ワレハ声優イガラシ・ヒロミ。オレサマ オマエ マルカジリ」
おい召喚事故してんじゃねーか!何故かステージ上には茶をすすりながらくつろいでいる杏先輩!
・・・なんなんだこの茶番・・・遊びすぎだよ

・Orange Sapphire
飯屋、のぞふぃす、るるきゃんのよくばりSi☆s!
別名沖縄組!やっぱりパッションNo.1
相変わらずの客席の山火事っぷり
今回属性曲が2つずつでしかも片方が実質初披露なのでユニットの組み合わせだけでも拘りが見えますね
このPa三人組は安定しすぎて不安。何せへご野郎という存在を知らしめてしまった張本人たちだからな

もうね・・・このブロックが非常に体力使うんですよ・・・
MCに入ってくれて心の底から助かった・・・って気分でした。シンデレラはいろいろと振り切ってるからな
??「こんちきちん」
??「にゃー」
??「こんちきちん」
??「にゃー」
なつ「ここからは、私、高森と」
りか「私、立花が司会をつとめまーす」
待て。なんだ最初のワケのわからんのは

で、最初のさっつんに話を振りますが、衣装のキノコの話になって
さつ「結構もめたんですよ。このキノコをどこに付けようかって。最初はもっと腰のあたりに・・・」
なつ「わー!!わー!!」
りか「ピーーーーーーー!!!」
(アカン)卑猥はない。いいね?

そしてこのブロック一番の功労者
ゆき「働きすぎだよ。キャラ崩壊ってレベルじゃないよ」
なつ「だよねぇ。ひろちゃんずっと見てなかったよ」
ゆき「ただいま・・・」
なつ「・・・おかえり」
ゆき「だってさ、歌終わってから戻れなくてずーっとステージの脇で待機してろって言われたんだよ!?」
ゆきんこ先輩、お疲れ様です



引き続き、“心からのおもてなし”に続きます
体力的にやられた後に精神的に打ちのめされました・・・

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 2ndLIVE PARTY M@GIC!!

センターステージ真横の席から見る
瑠璃子の太もも

1stライブから僅か7ヶ月、そして4000人程度の1stからいきなり1万人オーバーの代々木体育館
代々木体育館は以前T.M.Revolutionのライブで入ったことがありまして、
しかもその当日、裏手にあるSHIBUYA-AXではミンゴスこと今井麻美さんのライブをやっていたという、個人的に因縁ある場所でした
しかもちょっと歩けば東京ヤクルトスワローズのホームである神宮球場
2013年4月にアイマスタジオと共同イベントであり、実質チケット購入式としては初のシンデレラ公式イベントがある日本青年会館
また渋谷~原宿~代々木はアニメ第2弾PVの背景に多く使われた場所があるらしく
さらには原宿はシンデレラガールズのお仕事で最初の土地であり、
ボスである前川みくにゃんに支配された土地ッ!!
いろいろと因縁めいた場所ですねぇ

ちょっと脱線してしまいましたが、本当に1万人オーバーのキャパを持っている、都内でも名の知れた会場でシンデレラガールズが単独でライブが出来るようになった
本当に感無量であります
ソシャゲーなんて、声なんて、歌なんて、ライブなんて、アニメなんて
それらを全てこの短期間でやってのけた
シンデレラに関わった全ての人たちに感謝

会場内へ入ったのが大体1520ごろでしょうか
ステージは奥のメインステージから中央にまっすぐ花道が伸びてセンターステージへ
SSAライブと似たような構図でした
で、座席を探したら・・・
ナンデ!?センターステージ真横ナンデ!?
一緒に入った友人とマジでチケットを何度も確認し直しました
で、席についてリウム、法被、鉢巻といつもの奥ゆかしい装束を身に着けていると・・・

「ヒャッハァー!!
プロデューサー、元気かァ!?アタシだ!星輝子だ!!」

会場内に響くデス・メタル・スラング!!しかもなんか微妙にたどたどしい!?
「今からガヤの録音をするッ!用意はいいかァ!?」
おい待て。それって8th横浜のときに聞いたぞ
その結果、劇場版アイマスのエンドクレジットに載ってたし!?
とりあえず歓声をあげる
「・・・サンキュー!!」
ガヤを録ってからキノ子が喋るまで中途半端な間がなんか面白かった。お前はどっちのモードなんだよって(笑)
面白いものが聞けたので、済ましてなかったからトイレ行くかー・・・
「おい!・・・もう一回だ!!」
グワーッ!?アンブッシュ、ヤメテ!!
・・・と、もう一回録り直しがありまして・・・
「ありがとう!サイッコーのモノが録れたゼ・・・お礼に・・・コイツをプレゼントだ!初披露、『紅』!!」
ヤメテ!俺はトイレ行きたいのにここまでされる謂われはない!!
X JAPANの曲にはヘドバンで応えなければならない!古事記にもそう書いてある!!
開演前、しかもトイレ行きたい状態で俺は何をやってるんだ状態で無理矢理テンションをおかしくしてました

と最初から不安ばっかりでしたが・・・
開演!
・お願い!シンデレラ(全員)
もう完全な定番曲、安定曲。だが21人がズラッと並ぶ光景はすごい。戦いは数だよ
未だにこの曲が出たのが1年前って気がしないのですよ
もっともっとずっと聞いてたような
確かにこの曲が発表されてからの躍進が特にすごかったと思います
2013年2月のワンフェスにて初披露
お渡し会イベ、マチアソビ、アニサマ・・・他にもいろんな会場でいろんな人たちが歌いました
ある意味シンデレラストーリーの象徴なのかもしれないです

・We're the friends!
えっ、2曲目?しかも何人か外れたし・・・ちょっと切ない・・・
まぁしかしこの瞬間から「最初から全開で行かないとヤバイ!」とは思えるセトリでした
でも良い曲だ

そして自己紹介のMC。しかし半分
最初のMCは11人いてもニュージェネが未央役の原紗友里さんしかいないので実質司会代わり
まぁ清いパーリィの主催者ですしね
で、今回はパーティということで“みんなをおもてなし”を合言葉に
最初は“元気におもてなし”のコーナーへ
まぁここでぶっちゃけてるのが属性ごとだった1stに対して、今回は“曲の雰囲気”を重視したセットリストということなんですよね
まぁ最初に元気な曲、アッパーな曲を持ってくるのはライブの定番なわけでして
あれ?でも原さんいるよな・・・今回は切り込みじゃない?

●元気におもてなし!
・S(mile)ING!
元、気・・・?というか1stでトリだったのでまさか最初だとは
しかし相変わらず安定のはっしーの笑顔である

・TOKIMEKIエスカレート
震えていた佳村はるかは死んだ。もういない
本当に堂々と胸を張って歌えるようになったんだなぁって
ラストのコールも安定してきたし

・DOKIDOKIリズム
あ、今回妹が後なんだね
で「助けておねえちゃーん!」で無駄だと思いながらも姉いねーかなーとステージを探す
ってフツーに姉出てきた!?るるきゃん出てきた!?ナンデ!?
で2番Bメロからまさかの姉妹デュエットである!スゴイ!
るるきゃんの出番は2番サビまでだったけど良いものを見れた!
そして曲終了後も姉出てきた!
この二人は本当にリアル姉妹みたいで楽しい

・Twilight Sky
おいクール属性
まぁ元気出るけどそれでいいのかクール属性
で、この曲は1stライブで朝焼けリウムが話題となりましたが今回は企画の実施案内なかったのですが
自然にやってのけるのがPのヘンな意地というかプロ意識というか
現場のスクリーンに映ったのは一瞬でしたけど十分に綺麗な光景でした
で、ギターソロでまさかのスライディングーからの膝立ちエアギター!
弾ける瑠璃子!さすが瑠璃子!・・・大丈夫か瑠璃子?
実際後のMCでマネージャーさんや他の出演者からも心配されたことを告白してました

・ミツボシ☆☆★
きましたりゅーせー☆ミツボシさん
お前も流星にしてやろうか!メテオ!レディ?
実際は本人が流星しかけたミツボシさん
シンデレラで元気が出るといったらこの曲
そして安定の客席山火事

・絶対特権主張しますっ!
予告はされてましたが新曲、今度発売されるjewelries 002のパッション曲です
まぁぶっちゃけヘンな曲ですよね
イロモノパッション勢でも特に妙な曲を与えられたなぁと
「絶対!絶対!」とか「一線!一線!」とか
これもPがCD音源にされる運命なのでしょうか

ここで一区切り
MCが入りますが、まさかここで出されるご飯屋さんとるーりぃのずっ友!!
ずっ友コンビといい姉妹といい、本当にシンデレラは仲良しでよいよい

相変わらず長文なのでここで一旦

«  | ホーム |  »

プロフィール

矢村めっきー

Author:矢村めっきー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日記 (69)
アイマス (155)
模型:雑記 (17)
ドリクラ (9)
ドラクエ9 (3)
ポケモン (2)
とかちロール (8)
?? (0)
ゆきホーク (1)
バトルスピリッツ (4)
アイマスモバイル (1)
なつまち (0)
ガンダムビルドファイターズ (12)
ラブライブ! (0)
紗南のTPRG初体験 (7)
ガンダム全般 (0)
アニデレ (25)
アイドルマスター_シンデレラガールズ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード