2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝と誇り 終わりと始まり 夢のつづき

ホントに楽しい思い出がありすぎて
一つ一つの曲、ひとりひとりの演者、絡み、パフォーマンス、演出
話し出せばキリがない
だからこそ
先に自分の中にある膿を出そうと思う

昨年の3rdライブ以来自分はどうしてもわだかまりが残ってた
ちょい前の記事につらつらっと書いたけど、いい思い出より悪い思い出で上書きされてしまってた
けどSSA公演二日目、アニメ主要キャストだけで固めた出演陣
過去のソロ曲を全部排除してまでアニメ楽曲に注力した潔さ
そして丁寧に丁寧にアニメを綴っていく公演の流れと、それを案内するプロデューサーである武内くん

LOVE LAIKAと蘭子が「Memories」を歌ってくれて
トライアドプリムス三人が「Trancing Pulse」を歌ってくれて
全員で「M@GIC」を歌ってくれて
前回代役でやらざるを得なかった、メドレーでなんとなく流さざるを得なかった曲
それらをしっかりとオリジナルキャストで補完してくれて

集合写真のイラストが画面に映って

アニメのダイジェストが流れて
淡々と公演の終わりを告げる武内くん
ああ、これがアニメの本当のゴール地点だったんだなって
2年前、2014年の2ndライブでアニメ化の速報があって
それがここでようやく終わるんだって
終わってしまうんだって

物凄く寂しく、悲しく、感謝の気持ちでいっぱいでした

ただただ泣くことしかできなかった
ありがとう、ありがとうって
抱え込んでいたわだかまりが全部スーッと消えていくのがわかりました
アニメの内容にホントは満足できてなかった気持ち
3rdライブで満足できてなかった気持ち
全部が清算できた気分でした
なんでこんなにガマンしてたんだろうってくらい
でも一年間暖めてくれたから自分の気持ちとちゃんと向き合えて整理できたのかもしれない

改めて本当にこの作品が好きでよかったなって
この作品を応援してきてよかったなって


俺はアイドルマスターシンデレラガールズが好きだ
今までも
そして

これからも

と、いうことで
武内くんから夢の続き、『Future Castle』の開催が宣言されました!!
泣いてた鬼が笑いおった!
だからやめらんない!
だから追いかけていたい!

大好きだ!シンデレラガールズ!!

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story 全公演終了

9月の神戸公演2days
そしてさいたまスーパーアリーナ公演2days
全部で4日ですが神戸は結構セトリが重なり気味なので1日とカウントしても
丸3日分の公演のセトリがほぼ被りなしの強行軍でした

LVですが全公演が見れて本当に幸せでした
本当にガールズのみんなの楽しそうな表情が見れるだけで幸せです
初めて舞台に立つ人も
いつも立ってる人も
久しぶりに立てた人も
みんなすっごいいい笑顔してる


5年前は声なんてなくて
「765のおかげ」「デレのアイドルは存在がはずれ」「課金の闇の権化」その他諸々
ボロクソに言われまくってたのに
そんな灰かぶりたちがSSAと全国のLV会場を埋め尽くす一大勢力になりました

なんと言われようともさ
シンデレラガールズに関わってくれるみんなが本当に楽しそうなんだよ
舞台に立つ側も、見る側も、つくる側も
そんな楽しい輪が広がるのが嬉しいのよ
その輪がどんどん広がってくれれば
自分も幸せ


シンデレラガールズ初期からのPからの祈りです

4th神戸公演 二日目

さて初日の興奮冷めやらぬうちの二日目公演ですが
見所はなんといっても佐々木千枝、龍崎薫のハイファイチーム
しかし「LMBG」の呼び名は浸透しないねぇ。って当たり前だけど。名前だけで中身別物だからねぇ
まぁそんな愚痴は置いといて
二人とも初っ端から飛ばしてくれました

・ともよ様とタメを張れる、声優界はまだまだ広い!!
ともよ様といえばシンデレラガールズ最強と言える底なしライフと人一倍大きな動きのできるダンス力
そして今回の新曲『ハイファイ☆デイズ』は相当に激しい振り付けが設定されております
まぁともよ様なら大丈夫だろうけどあとの二人は初参加、どうなることやら

ただの危惧でした!

佐々木千枝役の今井麻夏さんは『Tokyo 7th シスターズ』という作品にも出演しており、ダンス番長の異名を持っているとか
調べたところ、練習で他の人の代理として入ったりすることもあるらしく
いやいやいや、おかしいやろスペック
なおダンスだけではなく『裂いてjewel』では一転してキッとした表情をみせ、青属性特有の憑依スキルもみせてくれました

龍崎薫役の春瀬なつみさんは
実写でした
今回の出演者の中でも一番小さいのではなかろうか、その低身長
薫のようにパッチンで前髪をとめておデコ全開
そして、前歯
初日のみつやすさんといい容姿のシンクロがここまで嵌るってのはそうそう難しいと思いますが
つーか前歯だよ前歯!髪型とかは手を入れればなんとかできないこともないけど前歯とかどうすんだっての!歌ってるときに白い歯がちらちら見えるのがあーもーあーもー!ってなって俺はせんせぇではないのだが
と一旦落ち着いて、私ふひひ★ではないのですが薫はゲーム初期から興味はありました
というのも本家デレステを自分が始めたのが正月マラソンで、あのときは限定衣装で手に入る東郷あいさんを手に入れるのに必死でした
そのとき一緒に衣装Rだったのが龍崎薫
カードを手に入れた後に年齢を調べてまたまたご冗談をwと一蹴していたのもよき思い出?
その後あいさんと薫は本家でのイベントやデレステでの一幕などちょこちょこ絡んでいてくれて幸せなのです
あいさん、早く声帯つかないかなぁ

と、メンバー発表の時点で歌うであろうと予想されていたハイファイは純情Midnightの代わりでしたが
他のセトリは初日と大きく変わらず
神戸二日目のみの参加である星輝子のソロ曲『毒茸伝説』くらいでしょうか
相変わらずパワフルな歌唱力且つ悪い顔であみあみのラジオで見せるクソガキ感など何処行ったのかといった印象です
2nd以降、ある程度の安定感を得たさっつんですが

・意外なランキング!意外なタイミング!?キノコの目に涙!!
初日ではハイファイ☆デイズの歌唱メンバー上位5人の投票結果が発表されましたが
二日目はその逆、純情Midnightのメンバーが発表されました
その一位がまさかの輝子
言われて見れば確かに納得
荒々しい曲にさっつんのパワフルな声は合うであろうと思えますし
この結果を見てさっつんが泣き出すという
確かにね
はっきり言ってしまえば輝子は人気はあれどもイロモノとしての評価であり、正当な評価とはまたちょっと違うだろうし
それが限られたメンバー内でのことではあれどもちゃんと評価されてトップが取れたのは紛れも無くさっつんのその歌唱力によるものだと思います
ジュエリーズ002でX JAPANのカバー、3rdライブでは蘭子の曲をイメージを損なうことなく、さっつんなりに歌い上げた瞬間は本当に凄かった
どちらかというとお笑い属性が強いさっつんだけど持っているものは大きく強く素晴らしい
おめでとう、さっつん

さてそんなさっつんに感動をもらえた私ですが、一方ステージ上では「さっつんの悪い顔が好き」という声が多数
で、何故か「みんなで悪い顔をしてみよう!」という流れになり
津田「私、津田美波になっちゃうけどいいのかな?」
→悪い顔をしてみた
→こわかった

そんなのを冒頭にやってしまったせいか、二日目の『Love∞Destiny』の津田ちゃんは更にエモかった(獲物を狩るの意)
同じく瑠璃子もかっこよさマシマシとなっており、一晩でこんなに変わるのか!?と驚いていたところ
瑠璃子「昨日のまきのんがすごかったから映像見せてもらって勉強した」
一晩でそれだけやるってすげぇよ
とにかくこの曲の三人はガンガンに株が高まっておりました
ちなみにこの日記を書いている現在で配信されているデレステ楽曲で一番好きなのはこの曲だったりします
MVにはギャラリーが一切いない、本当にプロモーションビデオのような映像
メインが両翼に配置される大胆な配置
Cuメインのメンバーなのにアダルティ且つクールな曲調
そして李衣菜の場違い感
なかなか無い雰囲気の曲ゆえにいろんなアイドルを配置して違いやギャップを楽しめるし、本家メンバーも全員が1stか2ndライブを経験したことのある、人気・実力ともに手堅いメンバー
今回のライブでは本当に素晴らしいステージを見せてもらえた上に、発売前にフルで聞けて本当に嬉しかったです
久々に早く円盤が欲しい曲なんだよなぁ

新メンバー、レギュラーメンバーがそれぞれ最高のパフォーマンスを魅せる中、センターであるはっしーも負けてはいません
初日にも歌った『Snow Wing』ですが二日目ははっしーソロ
ユニットの新曲をいきなりソロにぶつけるとは思い切ったなぁ、けどはっしーならイケちゃうんだろうなぁと思っていた矢先
ふーりんと飯屋がサプライズ出演
唖然呆然でございます
けどやっぱり三人が揃っている姿を見ているとなんともいえない安心感が湧いてきて
歌い終わったあとに二人がはっしーとわちゃわちゃしている姿を見ているだけで安心感と懐かしさも覚えました
そして二人を紹介したはっしーからまさかの涙
今まで危ない、と思うことは何度かありました
けど常に笑顔を保ちセンターとしての役目を果たしてきたはっしーが始めてステージ上でわかるほどに泣いてました
はっしーのステージは本当に最初の最初、ナンジャタウンでのデレラジ公開録音から見てきたけどシンデレラのステージであんなにハッキリ涙を見せたのは初めて
逆に言えば今まであれだけ気を張ってこれたのが不思議なくらいで
今では50人以上の大所帯になったシンデレラガールズのセンターなんだから

でもやっぱり三人が一番だね


そんなわけで新たな発見、新たな魅力、底上げされた実力と
いろんなものが見れた4thライブ神戸公演
これを見せられたら不安はありません
10月のSSAライブ
一日目は主要メンバーを一切除いたニューフェイス組
二日目は何度もステージを経験してきた主力メンバー
どっちも楽しみでなりません

がんばれシンデレラガールズ

震出麗羅餓琉逗 神戸1日目

そんなこんなで久方ぶりに最高の充実感に満たされたシンデレラガールズ4thライブ神戸公演
初日の印象深かった点をピックアップしてみましょう

・深刻なツッコミ不足!お前ら本当に初参加かよ!?『純情Midnight伝説』チーム
正式には「炎陣」がユニット名ですけどね
筆頭(ヘッド)の向井拓海役の原優子さんは歌、パフォーマンス、MCいずれも“暴れる”という表現が一番適切かもしれませんw
普通に立ってるときもちょっと足開き気味で女の子なんだから!と思うことも多々ありましたがキャラに合ってるのでそのまま突っ切って欲しいです
またメンバーに指輪をプレゼントしたり、リアル友人からライブのためにピアスをプレゼントされていたり気配りもできるリアル筆頭
藤本里奈役の金子真由美さんは濃ゆい炎陣メンバーの中ではちょっと引っ込みがちでしたが長い髪にぽよ~っとした声がCu
誰が言ったかオラサーの姫とはまさにこのこと
松永涼役の千菅春香さんはアイマス界のおパイ神様ことたかはし智秋、ミリオンのロック(ガチ)担当の愛美と一緒にラジオ「今夜メイクが気になったら(通称よなきに)」をやっております
またマクロス30周年記念のゲーム「マクロス30」にてメインヒロイン役に抜擢されており歌唱力はお墨付き
文字通り初参加ながらその歌唱力は存在感を発揮しておりました
そして大和亜季役の村中智さんは
Paですありがとうございます

これに『純情Midnight伝説』中にサプライズ出演してくれた夏樹役の安野さんが加わるわけですが5人揃ってもまったく揃わない!統一感がない!直前のニコ生で突然のデビューからPちゃんたちの度肝を抜いた新鋭Pa軍団の今後が楽しみでなりません
というかいろいろ尖りすぎて他のステージあるのか・・・?

そして今回初ステージは炎陣だけではありません
・眼鏡を継ぐもの、眼鏡もCu!土台もCu!上条春菜!!
まっていたぜぇ!この瞬間(トキ)をよォ!!(炎陣感)
アニメ2話にて突然の声付きから一年以上、デレラジ公録に出たことはあるものの、大型ライブには今回が初
しかも仕事で仲良しのあさかさんも、同じく『Snow wing』ユニットであるななみんもいない中での実質単独での参戦
眼鏡も春菜に近いピンクの太めのフレームでステキながら、プロポーションも良好で、スラリと伸びたおみ足がすごくキレイでありました
「眼鏡が本体」「土台が喋る」などの迷言が炸裂しておりましたが・・・
正直無理してるなぁと思えるくらいに緊張がこっちまで伝わってきました
シンデレラ組では久しく味わっていなかった初々しさであります
まぁ最近大型新人が続いてましたからねぇ。まっこだの王子だの亜美菜だのアッサムだの・・・
ともあれこの新鮮味はシンデレラには本当に久しくなかったものだったのでこれからが楽しみであります
春菜自体も初期からずっと好きでしたから
ソロデビューもずっと待ってます
あと眼鏡仲間達が声付きで揃うことも願ってます


期待が膨らむニューフェイスを向かえる先輩ガールズも負けておらず
今回は久々にソロ曲まるまる一曲歌う、というのが多く、改めて成長した姿でデビュー曲を歌うことが多かったのでその成長っぷりには感動しますね
セクシー曲である『Tulip』でも自分を曲げないみくにゃんことなつ姉
終始笑顔を絶やさないるる
今度のカエダーマは自分(杏)のゆきんこパイセン
などなどみんな立派なパフォーマンスをしておりましたが


・エモい(獲物を狩るの意)!津田美波!!

久々の『Naked Romance』は3rdで歌わなかったのでWFを除くと1st以来なのですね
津田ちゃんは何気に池袋でのおねシンから貢献してくれている功労者の一人だったのですが
今回は前述のとおり、実質サブリーダー的ポジであり、はっしーを支えつつも
新曲『空と風と恋のワルツ』では会場を優しく包み込み
CD未発売の『Love ∞ Destiny』、ゲームのコミュではまゆと加蓮を中心に話が進んでいたのであとの三人はちょっと出番が控えめでしたが
ステージではまきのん、瑠璃子と並んでCuとは思えない格好良さで会場を魅了していました
とにかく視線がクール!これは大久保瑠美さんもイチコロですわ

で、そんな津田ちゃんと双璧を成した
・歌姫は歌だけと誰が決めた?世界のユイ・マキノ!!
いやホントその文字の通り
まきのんと言えば声優界でも本当に屈指の歌姫声優
なのですが今回は表情で魅せてくれました
文字通りまゆの如くじっと真っ直ぐ、優しく、一途に、どこか不気味に、
まきのんが映るたびに背筋がゾクッとしっぱなし
新曲『Love ∞ Destiny』では瑠璃子、津田ちゃんと一緒に全力でかっこいいアイドルを演じ、長い髪を振り乱し、どこか恍惚としたような表情は本当に恐ろしさを覚えました
まきのんは歌だけじゃないんだなぁと
全身で表現が出来る、文字通り“世界の”ユイ・マキノなんだなぁと
大型ライブは2nd以来、ラジオ出演などもなかなかに難しく出演頻度としては少ないまきのんですが
こんなステージを見せてくれたことに心から感謝


で、このまきのんの姿勢が一晩で更なる影響を与えることになるとは誰が予想できようか

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story 神戸公演

アイドルマスターシンデレラガールズ4thライブ
定期ライブとしては初の東京以外での公演(サマフェス大阪は厳密には定例ライブではないので除きます)
参加メンバーには主軸であるふーりん、飯屋が不参加の上、極めて出席率の高かったのじょさん、そらそらの不参加、ともよ様は単日のみ
また個人曲を持たずデレステ新曲にユニット参加したメンバーが数多く出演するという公演前からいろいろな憶測が飛び交いました

が、
終わってみればすごく気持ちの良いライブ
はっきり言うよ。3rdより短いけど今回のが遥かに楽しかったし気持ちよかった
まぁ過去のつまらなかったを穿り返すよりも眼前の楽しい探そうぜ!

ということでまずは全体的なことを
公演を通してのリーダーは安定のはっしー
そしてその両脇を支えるのはるーりぃ、るるきゃん
確かに二人ともCo、Paでの場数についてはトップクラス
それでもメインではなかったことを置いても本当に頑張っていたと思います
なんというか、今回の瑠璃子はのびのびと、るるは楽しそうに

更にはっしーと同じCu属性から津田ちゃんと、
まさかの世界のユイマキノが実質サブリーダー!
セットリストを通じてもこの二人のパフォーマンスは特に飛び出ていたと思います
確かに津田ちゃんはおねシンから参加の古株
ですがまきのんは2nd以来であるにも関わらずの好演
メンバーにもいろんな刺激を与えてくれて大変良い方向に引っ張ってくれていたと思います


セットリストについてはソロ曲の比重が多めな印象
なんとなく舞浜での1stに近い気分でした
が逆に今の成長した姿で1stをなぞっていたような気分でなんか嬉しくなりました

そして
今回初参加のメンバーが底知れぬスペックを発揮してくれました
あの濃・ゆゆゆゆ~~~い(阪神さん感)面子の中で誰一人埋もれることなく輝いていたのは本当に素晴らしいことかと思います

懐かしさと新鮮さが混ざった
ライブに初めて参加したときのような
舞浜でのシンデレラガールズ初ライブを見たときのような

そんな優しい気分になれた4thライブ神戸公演
ざっくり総括はこのへんで、次からは細かいところを書き連ねてみましょうか

«  | ホーム |  »

プロフィール

矢村めっきー

Author:矢村めっきー
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
日記 (69)
アイマス (155)
模型:雑記 (17)
ドリクラ (9)
ドラクエ9 (3)
ポケモン (2)
とかちロール (8)
?? (0)
ゆきホーク (1)
バトルスピリッツ (4)
アイマスモバイル (1)
なつまち (0)
ガンダムビルドファイターズ (12)
ラブライブ! (0)
紗南のTPRG初体験 (7)
ガンダム全般 (0)
アニデレ (25)
アイドルマスター_シンデレラガールズ (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。